更新情報

2017-12-22 12:55:00

ムハンマド皇太子・アブダッラー大臣と会談

  

 

UAE訪問中の河野太郎外務大臣は、平成291210日、

ムハンマド・アブダビ皇太子への表敬訪問および

アブダッラーUAE外務・国際協力大臣との外相会談を実施。

 

両会談では、近年、政治・経済・安全保障・文化・教育といった

重層的な分野で関係が深化している二国間関係を

一層強化したいという考えが共有された。

 

【両会談の具体的概要】

河野大臣から、2018年に期限を迎える

日本企業が有する海上油田権益延長の支援を要請。

これに対し、ムハンマド皇太子およびアブダッラー大臣から、

日本との長年にわたるパートナーシップは重要であるという返答。

 

◆北朝鮮情勢に関し意見交換を行い、河野大臣から、

国際社会が一致して北朝鮮に対し最大限の圧力をかける必要性を伝達。

ムハンマド皇太子は、日本の立場に対する理解と支持を表明。

また、中国を含むアジア情勢およびエルサレム問題、

カタール問題を含む中東情勢について意見交換を実施。

 

アブダッラー大臣から、教育分野における協力強化を要請。

河野大臣は、双方向での協力強化の必要性に同意。

 

河野大臣から、自由で開かれたインド太平洋の重要性について説明。

アブダッラー大臣および同席したスルタン・シャーベル国務大臣兼

アブダビ国営石油会社CEOから賛意が示された。

 

 

 

元々親日度の高いUAE今回の河野大臣の訪問により、

UAEと日本の政治的結びつきが一段と強化され、

さらなる日本の経済発展に繋がることを期待したい。

 

画像出典:外務省HP

2017-11-22 17:29:00

憧れのドバイ勤務♬ いよいよ採用枠あと1名♬
革新の地で一緒にチャレンジしたい方 お急ぎください‼

グランマルシェの直営サロンをドバイにオープンするため、
ドバイで働いてみたいスタイリストを募集します!
新しい環境でチャレンジしたい!自分の価値を高めたい!
今回の募集は、そんなあなたにピッタリの求人です。


 

【あなたにとってのメリットは3つあります】

1.自分の腕で生きることを選んだスタイリストのあなたにとって、
  長い人生を考えたときに、海外、しかもドバイでの
  スタイリスト経験は必ず武器・ステータスになるはずです。


2.ドバイはMENASAエリアの文化発祥地。今回の新規出店をきっかけに、

  世界を舞台にした複数店舗展開になる可能性も十分。
  そのスタートに立ち会ったあなたが、
スタイリストとしてだけでなく、
  ビジネスの中心となって活躍することも可能です。


3.あなたへの現地でのサポート体制は万全です。
  英会話…ビザ…住居…友達…空港からどうやって行けば…など、

  不安はあって当然です。が、現地法人を所有し、
  ドバイで様々なビジネスをしてきたグランマルシェだからこそ、

  あなたの“不安”を“安心”に変えることができます。

 


◇万全の現地サポート体制!
渡航費や勤務前の無料英会話レッスン(週2回)はもちろん、
就労ビザの取得や住居、
ドバイでの銀行口座開設など、
細かいところまで万全のサポート体制を整えているので安心ですよ♪


◇レッスンや研修サポートなど
現地スタッフだけでなく、日本からも社員が月1回はドバイへ渡り、
ミーティングなどを行います。
商材も日本製を使用するので、いままでの経験を活かして働けます。

 

◇待遇など
月給制。キャリアや年齢などを考慮して決定します。
なんとドバイには所得税・住民税がありません。
もちろん保険に加入します。万が一体調を崩しても安心です。

◇休日には“世界一”めぐり♪

ドバイにはたくさんの世界一、たくさんの観光地があります。
休日の楽しみは、あふれるほどありますよ♪

 

◇治安は日本と同等以上◎
ドバイはセキュリティも行き届き、非常に治安が良く安全で住みやすい国。
一部の過激派組織のために「中東=危険」というイメージを持つ人も多いですが、
ドバイにおいてはまったく当てはまりません。夜の一人歩きも問題ありませんよ!

 

♬応募方法♬
採用枠が埋まるまでは…基本的に全員の方とお会いします!
HPお問合せ欄または、お電話03-5361-6966にてご応募ください。
(応募受付担当/おおや)

 

♬応募条件♬
美容師免許を持っている方。

 

♬質問だけでも大歓迎♬
ドバイや海外勤務、グランマルシェについての質問はいつでもOK!
HPお問合せ欄または、お電話03-5361-6966にてお問合せください。

2017-11-13 14:25:00

ドバイ人口 198028万人➡2017280万人

 

たった40年前は小さな漁村に過ぎなかったドバイ。。。

経済発展を見据えた外資・外国人労働者受け入れ政策実施により

人口が急増し、わずか30数年の間に10倍にも達した。

 

国家発展のため、言語(英語)や文化(非イスラム)を受け入れることで

急速な人口増加を続けているドバイ。

日本人が日本語を捨てて英語を公用語にしているのと同じこと…。

これだけでも驚愕すべき決断と実行といえる。

 

なお、首長国内人口の約9割を外国人が占めている。

たくさんの外国人が暮らすドバイは、イスラム教の国でありながら、

厳しい戒律を強いることはなく、イスラム世界を身近に感じながら

自国文化そのままに世界中の人々と触れ合うことができる。

 

 

世界一の長寿国『日本』

 

★世界長寿国ランキング★

順位 国名 平均寿命

① 日本 83.7

② スイス 83.4

③ シンガポール 83.1

出典:World Health Statistics 2016 by WHO

 

平均寿命の長さは、気候や医療、食べ物などの文化によるところが大きいが、

消費という視点で見ると「働き盛り世代」がどの程度の割合で存在しているかが重要。

 

建国間もないドバイ・UAEは、急速な人口増加もさることながら、

平均年齢も若く、購買力のある世代がこれから社会の中心を担っていく

年齢構成になっている。

これからの経済規模・GDPがどのような変化を遂げるかは想像に難くない。

これもまた、ドバイの大きな魅力である。

2017-10-24 16:55:00

ドバイの『人口』が急増していることは分かった。
でもビジネスを考える上では、もちろん『所得』も重要。

そこで見ていただきたいのがGDPランキング。。。
日本よりはるか上、経済を循環させ、
労働者に対して高賃金を払えるドバイ・UAE。

UAE人口の8割を占める外国人労働者を含めても、
2017年度67,871ドルで世界第9位という高水準。

外国人労働者を含めてもこの順位。
UAE人だけならおそらく…。

なお、ドバイの外国人労働者の56%が月3,000ドル以上の収入がある。

 

 

画像出典:IMF-World Economic Outlook Databases (2017年4月版)

◆一人当たりのGDP = GDP ÷ 人口
◆購買力平価…「為替レートは2国間の物価上昇率の比で決定する」
という観点により、インフレ格差から物価を均衡させる為替相場を
算出している。各国の物価水準の差を修正し、より実質的な比較が
できるとされている。

2017-10-12 17:39:00

【日本の人口は2010年に頭打ち】

 

グラフが表す通り、日本の人口は2010年の1億2800万人を最大値として減少を続けている。
しかも、平均年齢は上昇の一途をたどり、様々なシーンで「少子高齢化対策」が叫ばれるようになって久しい。

 

そして、2050年には1億人を割り込み9700万人となる見込みで、
2010年からの40年間の減少率は25%にもおよぶ。
分かっていても改めて見るとすごい数字であり、さらに高齢化により労働人口が減り、
一人当たりの収入が減ると、国内GDPの大幅縮小は必然。
その先に待ち受ける社会構造、経済構造は…想像するだけでも恐ろしい。

が、すぐそこにある現実である。

 

 

 【世界の人口は…】

 

対して、世界人口は現在の75億人から2050年には100億人にせまると言われている。
こちらは逆に、25%の“上昇”。その最大要因は、圧倒的人口増を達成するであろうエリアがあるから。

 

世界の変動を見据えた国家戦略、企業戦略を立案し、実行できる国や組織、
「国際化」の波に乗り遅れなかった者だけが生き残る。

そんな世界は決して遠い未来の話ではない。

 

1 2 3 4 5 6